2005年11月09日

そば処「水美」

市役所沿いの道には、かなりローカリーな趣の定食屋や飲み屋、そば屋が何軒もあるのですが、いつも車で前を通るばかり。いつも車で行きやすい店ばかり選んでいたので、丁度その日は久々に天気が良く散歩日和だったこともあって、「たまには車を乗り捨てて、ちょっとあの辺りで新たな店探しをしよう!」企画を実行することになりました。駅からでもちょっと歩けば十分辿り着ける店シリーズです。

今回は八千代中央駅から市役所の方へ向かい、八千代動物病院の正面辺りにあるそば処「水美」。

どういうわけか「ここにしよう!」と、十分まわりのお店も探索せず決めてしまったんですよねー。のれんの感じに赴きがあって、またガラス越しに書かれた“臼挽きのそば粉を使用しております”という筆文字にすきっ腹を刺激され、うまいそばが出てくるに違いない!と勝手な想像をかき立ててしまいました。

11.9-gurume1.jpg

私の胃袋を捕らえたのれんをくぐり、引き戸を開けます。そして、思ったほど広くないけれど、深みのある上品な木の色あいが印象的な店内へ!すると、正面に立ってらした女将さん?が「いらっしゃいませー。」と席まで案内してくれました。

11.9-gurume2.jpg

店内には、テーブル3台と座敷テーブル2台で、どの場所も灰皿が置いてありましたので禁煙席はないようです。あまり広くないので、隣の方がタバコを吸うと結構煙が漂うので、気になる方はちょっとダメかも・・・。(お昼を外せば混んでないので大丈夫かもしれませんが。)

そば屋らしく、お茶はそば茶が出てきました。「まだ決まってないので、後で・・・」とお伝えし、メニューとしばらくにらめっこが続きます。というのも、こちらのメニューには、そば、うどん、に加えてきしめんまであって、さらに定番の“そば屋の丼”が列挙されているので、さてはて何を注文しようか大変悩んだわけです。

やっぱり、そばは外せないじゃん?でも、カツ丼はちょっと食べておきたいよね。でもでも、きしめんって、美味しいのかなー?などとむにゃむにゃやってまして、結局2人で3人前頼んじゃったんですよねー。「もり(500円)」、「かつ丼(950円)」、そして「天ぷらきしめん(800円)」。わりと価格は良心的で、大抵のおそばは800円までで頂けます。

ちなみに、メニューの最後の方には、「やちよ蕎麦の会」のチラシや、蕎麦の効能などがプリントアウトされて一緒に閉じてありました。こちらのお店は、この「やちよ蕎麦の会」のメンバー店舗のようで、入口にもパンフレットや八千代八福神についてコピーされた用紙がおいてありました。蕎麦を八千代の新しい特産にしよう!と頑張っている記事を以前目にしたことがありましたが、その会が「さわ田茶家」内に構えていたとは知りませんでした!(ご参考までに、会のホームページをご紹介。⇒こちら

余談はさておき、しばらくするとまずはザル(もり)から運ばれてきました。

11.9-gurume3.jpg

見た目にもちょっと細めで、蕎麦の黒い点々がないタイプです。そして、割としっかりした盛り。とりあえず、蕎麦の美味しさをいざ確認!とばかりに、ずずずーっとほおばりました。おお、つるつるー!細いのにやわらかくもなく固すぎもせず、丁度よい加減です。それなのに、かなり歯ごたえがあると感じるのは、細いながらも蕎麦自体がもっちりとしているからなのでしょうか?とにかく、さすがは臼挽き!と掛け声したいくらい満足な蕎麦です。

次に、あったかタイプのきしめんが到着。

11.9-gurume4.jpg

きしめんが透けてるー!

かなりの透明感です。ですが、次第に時間が経過するのに合わせて、だんだんつゆの色が浸透して白い麺がやや茶色みがかってきてしまいました。もたもたしてると危険だ!と、しっかり大きめな海老天とインゲン、かまぼこが乗った状態で撮影だけ済ませ、食に専念することに。

この海老天、ころもがフリッターとまでは言いませんが、薄衣とは正反対の厚みのある仕上がり。なので、つゆにすぐ溶け込んだりせず最後までころも付きの海老を楽しむことができました。気になるきしめんのお味ですが、こちらも歯ごたえとボリューム感が楽しめますが、蕎麦の方が食べたときのインパクトが強かった気がします。つゆは甘すぎないシンプルな感じ。うーん、美味しいのですが・・・やっぱり次はきっと蕎麦の何かを頼んでしまいそう・・・。

最後に、かつ丼!

11.9-gurume5.jpg

食べれないよー!と思いつつも、見た目の美味しそうな様子についつい箸が進んでしまいます。かなり大きめで肉厚なカツが5等分されて覆いかぶさっています。そのすぐ下に玉ねぎが敷かれ、ほど良い量で盛られたご飯が底に収められています。卵も半熟でぷりぷりしていますが、これに結構しっかり味が付けられていました。と分かるくらい、全体的に味は薄めで、甘辛くて濃い味付けではありません。この控えめな感じ、京都で食べた親子丼を思い出しました。

すっかり3品とも完食してしまって、本当に後悔。
うー、苦しー!

お店を出てからも満腹状態で、ふらふら店の右側の道沿いを駅方向に向かって歩いていましたら、なんとこのお店は駐車場が店の裏手に(しかも台数もちょっと多め)あるではないですか?!折角車がなくても歩いてこれるレポートだったのに!

まあ、いいです。ちょっとは歩かないと。ほんとにもう、来年とか私の体重、どうなっちゃうのかしらん??


●そば処「水美(みずみ)」 047-482-9085
千葉県八千代市大和田新田312-9(地図
営業時間/11:00〜15:00、17:00〜20:00(日・第2土 定休)
※出前有り
※生そば販売有り


posted by やちなび子 at 00:00 | 千葉 | Comment(3) |  > 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おひさしぶりです^^
おお、この店もいつも素通りしてました。あと、市民会館のちょっと手前にある割烹「三鶴」とか、色々気になる店は多いです。
ところで「やぶ忠」という蕎麦屋に先日入りましたが、すごくおいしくておどろきました。
Posted by ほしな at 2005年11月12日 14:53
ほしなさん、こんばんは!
やぶ忠、特に蕎麦がおいしいと有名みたいですね。私はまだ行ったことがないので、ぜひレポートしてこようかしら!
Posted by やちなび子 at 2005年11月12日 21:37
いいよ蕎麦屋がんばれ
Posted by ちぃん田 at 2006年07月20日 23:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。