2005年10月29日

創作ラーメン「竹麓輔商店」千葉ワンズモール店

新横浜の「ラーメン博物館(詳細)」、品川駅高輪口の「麺達七人衆 品達(詳細)」、そして八千代から一番近いラーメンアミューズメントと言えば、千葉ワンズモールの「ラーメン劇場」!本日はここから一店舗レポートしてきました。

16号線を千葉北インター方面へひたすら走ったその先にあるショッピングセンター「One's Moll(ワンズモール)」の中にありまして、2階フロアの奥まったところに突如登場するのがこちら「ラーメン劇場」です。

10.29-gurume1.jpg

こちらには、現在5店舗の国内有名ラーメン店が集結しています。

・九州トンコツ「大分宝来軒(おおいたほうらいけん)」
・旭川らあめん「泰斗(たいと)」
・ラーメン「康竜(こうりゅう)」
・つけ麺「平岡(ひらおか)」
・ラーメン創房「玄(げん)」 ⇒10/21(金)閉店
・創作ラーメン「竹麓輔商店(たけろくすけしょうてん)」

※ラーメン劇場は定期的に店舗が入れ替わるため、レポートしたお店は既に終了となってしまいました。現在のお店はこちらをチェック!→http://www.chibaraumen.com/gekijo/index.html

10.29-gurume3.jpg

ラーメン劇場の入口には、各店舗のスープや麺の傾向が、中のスペースには各店舗で用いているどんぶりなどが展示してあります。また、各所にパンフレットもあるので、そちらから「本日のラーメン」を選ぶこともできます。なお、前回来店した数ヶ月前と比べて、2店舗も入れ替わっておりましたから、もしお気に入りのお店に出会えたとしても次回食べれる保証はございません・・・。

ちなみに、そのときは「つけ麺 平岡(東京から出店)」というお店で「つけ麺(680円)」をいただきました(下の写真/一番右)。かなり麺にこだわりのあるお店で、多加水熟成ストレート太麺を独自の製法で作り上げ、もちもちとした食感とつるっとした喉ごしを売りにしています。他の店に比べてかなりの満席状態。外に列も成していたので、興味を惹かれて入ってみました。一人前がかなりの量で、さらにもちもちと食べ応えがあるのですごーくすごーくお腹一杯になったのを覚えています。しかも、めずらしくここのつけ汁は甘い!酸味の効いたつけ麺ばかり食べていた私には、かなりの違和感が・・・。

10.29-gurume4.jpg

けれども、本日も健在でしたから、好きな方は好きなのかも。

さておき、残り4店舗の中から本日チョイスいたしましたお店は、「竹麓輔商店」という北海道のラーメン(上写真/中央)です。というのも、こちらはらーめん「むつみ屋」の創始者である竹 麓輔さんが、もっと創作性のあるラーメンを提供したいと、2001年12月に渋谷道玄坂にオープンしたお店だと伺い、勝田台店と緑が丘イオン店にある「むつみ屋」つながりで、ちょっと八千代っぽいかな・・・と思いまして。(って、こじつけだろ!)

店名のサブタイトル通り、メニューはかなりバラエティに富んでいて、ちょっと危険な香りのするラーメンもちらほら・・・。迷いましたが、表のポスターでオススメになっていた「濃厚とろみそラーメン(850円)」がいかにも北海道らしくて?代表選手っぽかったのでこちらを注文しました。あと、平岡のリベンジ!とばかりに、「竹麓つけめん(750円)」、あと何だか写真でジューシーそうだった「肉ギョウザ(400円)」をお願いしました。

さてさて、こちらの店内。カウンター10席、テーブル6席ほどありまして、きちんと子供用のイスも準備してありました。また、「お客様に美味しいラーメンの麺やスープの香りを十分に楽しんでいただきたい」というコンセプトから全席禁煙になっておりますのでご注意を。

割と早めに次々と運ばれてきました。
まずは代表選手、「濃厚とろみそらーめん」です。

10.29-gurume7.jpg

しっかりした極太ストレート麺に、もやし、キャベツ、長ネギ、小ねぎ、たまねぎ、味付け無しのメンマ、のりなどの具材に、脂なし固めのチャーシュー一枚が乗っています。そしてオリジナリティ溢れるポイントとして、かき玉汁のようなふわっとしたとき卵が味噌スープに!ビックリ。見た目はかなり濃厚そうですが、スープは味噌味だと言われなければ分からない(ことはないですが)くらい、醤油に限りなく近いさらっとした感じです。脂っぽさでごまかしたりせず、あくまで色々な野菜や動物系の入り交ざった複雑なスープで勝負といった風。このコク深いスープに負けじと、麺が強い強い!平岡のつけ麺を彷彿とさせるような、またこれももっちりした太麺でした。

10.29-gurume5.jpg

こちらが、「竹麓つけ麺」です。
つけ汁は鰹節系の香りで、少し酸味の効いたそれほど濃くは無いシンプルなお味。この繊細な感じに合うように、おそらく麺も細くしたのでしょう。

・・・でも、竹さん。細すぎちゃいまっか?

せっかくの、せっかくの、割と好みなスープだったのに、「そうめん?」と勘違いせずにはいられない食感の麺!ざんねーん。

この残念気分から復活させてくれたのが、こちらの「肉ギョウザ」5個いりです。

10.29-gurume6.jpg

これは、ラーメンよりうまいんじゃな・・・!(うっ!もごもご)

皮目はわりとパリっとしてますが、全体的にぐてっとした見た目。箸で持ち上げたときも、水餃子に限りなく近いです。でも、その風貌のとおりとってもジューシー!味が結構ついているので、そのまま食べても肉の風味が生かされて美味しかったです。(それでも、「餃子の王将」の方が好きですが・・・)

どこのラーメンを食べようか迷った日には、ぜひギリギリまで迷えるラーメン大集合アミューズメント「ラーメン劇場」へどうぞ!

●創作ラーメン「竹麓輔商店(たけろくすけしょうてん)」千葉ワンズモール店
ラーメン劇場 043-215-2220
千葉県千葉市稲毛区長沼町330-50 ワンズモール2階(地図
営業時間/11:00〜22:00
※京成勝田台駅からバス有り
※「千葉ワンズモール」ホームページはこちら

10.29-gurume2.jpg


posted by やちなび子 at 23:56 | 千葉 ☔ | Comment(0) |  > 中華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。