2005年10月13日

町の洋食屋「CowBell(カウベル)」

肉が食べたーい!!

焼肉じゃなくて、しゃぶしゃぶでもなくて、肉々しいカタマリをがっつりと!そんな欲望を満たしてくれるステーキハウス・・・?八千代のどこにありましたっけ。思いつくのは、前にバーベキューリブを食べに行った緑ヶ丘イオン2階にある「トニーローマBBQハウス」くらい。そういえば、よくチラシが入っている「カウベル」って、あれステーキハウスだったよね?

思い立ったように、本日は「カウベル」まで車を走らせました。場所は高津団地方面にあるゲオのすぐそば。名前からしてカントリー風の小屋っぽい感じだと思ったのですが、レストランの方が相応しい雰囲気。とはいえ、店の横側にいる牛がステーキハウスっぽくもあります。

10.12-gurume4.jpg

「いらっしゃいませー!」「いらっしゃいませー!」「いらっしゃいませー!」何度も何度も調理場から、お出迎えの挨拶をしてくれているのは、白髪のシェフ。チェーン店かと思っていたので、とてもアットホームな印象に少々驚きました。店内は、(1年前にリニューアルしたらしくとてもキレイな)テーブル席が18ヶ所位ある広さで、照明もどちらかといえば少しアールヌーヴォー調なデザイン。いかにも子供が想像するレストランといった感じですが、やっぱりアットホーム。これは、接客ひとつひとつが丁寧な、店員さんの影響?

挨拶もそうでしたが、メニューの説明も口先だけじゃありません。ちゃんと写真のきれいなメニューがあるにも関わらず、さらに手描きのセットメニューなどを3,4枚追加してくれます。そして、オススメのメニューを指し示しながら「これはとても良い肉を使ったなんちゃらセットで、こちらはお好きな量だけカットしてお出しするなんちゃらセットでございます・・・」色々と丁寧に付言してくれました。

オススメの料理と言われて、何となくじゃあそれで・・・。と流されて、本日のメニューを決定いたしました。「備長炭焼ステーキディナー やわらか厚切り牛フィレステーキセット」の肉150g(1,980円)と、「ハンバーグ(200g)ステーキセット」(1,280円)の2セット。それぞれセットなので、菜園ミネストローネスープ、ライス、ドリンクが付きます。

ちなみに、先ほど店員さんが説明していた肉の量が選べるメニューというのが、カウベルオリジナルの「オーダーカットステーキ」です。“あなたのためにあなたのグラム数で!”という謳い文句通り、1g=14円で特選和牛サーロインを提供してくれます。(ただし、200g〜。+680円でセット可。)他にも洋食系が揃っていて、各種オムライス980円やお子様ランチ680円などもあります。ちゃんと子供用のイスも脇に用意してありましたよ。

注文してからもメニューを開いているところに、店員さんがスープと肉用の様々なソースを持ってきてくれました。

10.12-gurume3.jpg

ソースは全部で3種類。左奥から時計まわりに「和風オニオンソース」「ガーリックソース」「特製レモンソース」で、これに「天然素材の合わせ塩」が追加され4パターンの味を楽しむことができます。これを手前の白い小皿に分け、付けていただくようですので、待ちきれずに流し込み、もう準備万端状態。はやくー!お腹空いたー!肉ー!

そんな願いが通じたのか、思ったより早くご到着。フィレステーキ肉です。

10.12-gurume1.jpg

店員さん曰く、ホテルで扱うようなやわらかいフィレステーキで、ぜひ、ぜひ食べていただきたいセットでございます、との由。上からは小振りに見えますが、3cmほどの厚みがあります。ミディアムレアの肉の表面には、次々と肉汁が・・・。その下には玉ねぎが敷き詰められ、にんじんのグラッセとサツマイモ、じゃが芋が添えられております。

やわらかいといっても、高級レストランの霜が差した脂たっぷりの肉ではなく、あくまでも赤みのおいしさ。食べたかった肉らしい肉!まさにこれです。やっぱりこういうタイプの肉は、シンプルな塩が一番味がひきたっておいしいですね。ソースだとその味になってしまって、あまり好きではありませんが、しいて言えばオニオンとガーリックは良かったですよ。(レモンは・・・なんだか人工的かも。)

向かいでは、ほつほつとハンバーグを頬張るなび夫さん。

10.12-gurume2.jpg

このハンバーグ、玉ねぎもパン粉も一切使わず牛肉のみで作っているそうです。なので、若干口当たりが固めですが、筋のないステーキを食べているような感覚。横からつまみ食いしましたけれど、ステーキよりも脂がのっていてかなりジューシーでした。こちらには、和風玉ねぎソースだけがついてきました。

どちらも肉の味が楽しめて、変に肉の脂で気分が悪くなったりしないあっさりした食後感でしたから、あっという間に食べつくしてしまいました。ふー、満足満足。

帰り際も、調理場から白髪のシェフ他数名の店員さんが、「ありがとうございましたー」の輪唱状態。なんだか、こちらも自然と笑顔で「ごちそうさまでしたー」。

がっつり肉を食べたくても、なかなか厚切りステーキ肉をご家庭で焼くのは至難の業。やっぱり、こういうお店で絶妙な焼加減の肉を頬張るのが一番!

●町の洋食屋「CowBell(カウベル)」 047-487-1100
千葉県八千代市高津東2-5-24(地図
営業時間/11:00〜23:00(LO 22:00)(定休:火曜)
※店舗裏側に駐車場40台有り


posted by やちなび子 at 00:00 | 千葉 | Comment(5) |  > 洋食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カウベルには行ったことありませんが、八千代の洋食屋でオススメなのは、
ユアエルムに入っている、「荻窪ブラームス」です。
花咲オムライス最高ですよ。他にランチメニューも充実していて、
値段も内容の割に安くてお得です。ライスの大盛りは無料サービスですが、
本当に大盛りでビックリです。
デミグラスソースが美味しいので、ハンバーグ等のソースは和風ではなく
デミグラスソースを選んでください。
Posted by アルフ at 2005年10月17日 01:33
アルフさんこんにちは。ユアエルムは時々行きますが、荻窪ブラームスというお店は初めて聞きました。今度八千代台に行くときには、ぜひ食べてみたいと思います!

八千代台は色々と他にもおいしいお店がありそうですね!
Posted by やちなび子 at 2005年10月17日 20:50
初めまして〜!!
あたしはカウベルのハンバーグが大好きです。
なかでも、デザートの「炎のプリン」がとても美味しかったです。
最近行けてないけど、あそこはホントにオススメですよね!!

八千代に住んでもうすぐ2年ですが、未だにユアエルムには行ったことがないです。
こんど、そこの荻窪ブラームスってお店に行ってみたいと思います!!

また覗きにきます☆
突然の書き込み、失礼しました。。
Posted by ゆき at 2005年11月14日 17:20
ゆきさん初めまして!
たまたまレポート開けていたので、気づきました。突然の書き込みなんて、いつでも気軽に書き込んでくださいませ。

ハンバーグおいしかったですか?そういっていただけるとレポートし甲斐があります・・・。炎のプリンは、テーブルにおいてあったおすすめプリンと同じかしら?今度行ったら食べてみますね。
Posted by やちなび子 at 2005年11月14日 17:31
肉好きならカウベルはお勧めです.
ステーキやハンバーグは味付けがシンプルなので素材命です.
カウベルはいつでも同じ味の料理を出してくれますよ.
*自分は何度行っても炭焼き弾力ハンバーグを頼んでしまうので,実は他の味は知りませんが….
Posted by 肉好きな男 at 2007年11月26日 20:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。