2005年09月03日

沖縄家庭料理「ちゅら屋」八千代店

※残念ながら閉店してしまいました。

沖縄料理が八千代で食べられるんですって。

ということを聞きつけ、本日もイオン緑が丘店に足を運びました。(好きだねー。)

イオン2階の一番右奥に、壁面に壷が敷き詰められ、店の前には沖縄関連グッズが置き並べてある「ちゅら屋」という名のお店が沖縄料理専門店です。
9.3-gurume1.jpg

ゴーヤチャンプル位しか食べたことがないので、店の前にある料理見本はどれも聞いたことはあるけれど味は知らないものばかり。
見た目で一番美味しそうな「沖縄焼きそば」に惹かれつつ、とりあえず店内に入りました。

料理を知らないばかりでなく、沖縄にも行ったことがないので想像でしかありませんが、それはそれは沖縄らしい雰囲気の店内でして、座席も大きめの木のテーブルでゆったり食事ができるスペースが確保されていました。
奥には厨房がガラス越しに見えて、左側には仕切りのある半個室のようなテーブルもありました。ちなみに、通された席は厨房手前のボックス席。背もたれが高くなっていて、全然となりのお客さんがきになりません。これは落ち着けていいですね。

今日はお昼を食べに行ったんですけれど、座るなり「お先にお飲み物からお伺いします!」と店員さん。えーっと、じゃあ、生中!・・・ん?ここは居酒屋でした?「いやいや、お昼ですから、水でお願いします。」

ちょっと違和感を感じつつ、(もしかしたら、沖縄ではフランスのワインの如く、水代わりにオリオンビールを飲むのかもしれないし、なんせ行ったことないから下手なこと言ってはいけない。)メニューから沖縄らしい次の料理を選びました。

沖縄焼そば醤油味(798円)、ソーキそば(798円)、島マースの冷やしトマト(546円)、フーチャンプル(714円)の以上4点。

あっという間にソーキそば到着。

9.3-gurume2.jpg

うーん。これがうわさのソーキそばですか。ひらぺたく少々ちぢれた麺に、関西うどんのような透明スープ。軟骨まで柔らかく煮込んだスペアリブが2本と、その横に赤々とした紅しょうがが多めに盛られています。

うーん。これはうわさのソーキそばですか?

(もっと、コクのある変わった味かと思ってたんですけど)、少しとんこつっぽい風味だけれどほぼ醤油の味です。素うどん?

胡椒とか、なんかパンチが欲しいなーと思って目にとまったのが、テーブルの片隅にあった2つの調味料。
初めてみるものが2つ。ピクルスの浮いたラー油?(ちょっとグロテスク・・・)

9.3-gurume5.jpg

これらは、コーレグース(写真右)とフィファチ(写真左)という沖縄の香辛料のようです。どちらも沖縄そばを食べるのに欠かせないスパイスらしく、コーレグースは唐辛子を泡盛に漬け込んだもので、フィファチは、コショウ科に属する植物”ひはつもどき”の実を乾燥させ粉状にしたものだそうです。

コーレグースを数滴いれてみると、突然「おおー、なんか沖縄っぽい!」という独特の風味と辛みが出ました。(フィファチは、胡椒よりも甘系で、シナモンのような独特な香りでした。これはチャーハンとか肉料理にもいいかも。あー、昨日の焼メシにかけたかった!)

そのあと、立て続けに島マースの冷やしトマトと、沖縄焼そばが運ばれました。

9.3-gurume3.jpg

「マース」とは、塩という意味だそうです。
料理名は変わってますが、普通の冷やしトマトです。
ただ、546円もするだけあって、ちゃんと皮が向かれて縦4つに切り込まれておりまして、この付け合せの塩を振り掛けると、普通ではない美味しさに。
なんでしょうか、この塩に味があるのか、甘みは少ないけれどそれほど普通の食塩ほどトガトガしくなく、後味すっきりな感じです。

沖縄焼そばは、美味しかった!!
白菜、ニラ、にんじん、赤ピーマン、もやしと豚肉が入って、おかかが上からかけられていて、ソーキそばより味が濃くて、私はこちらの方が好みでした。(焼うどんみたいな感じです。)これにもフィファチは合いましたよ。

でも、どれよりも、何よりも、超感動だったのが、一番あやしい「フーチャンプル」。

フーって何?(フォー!じゃなくて?)

フーとは、車麩なんですよ。
えー、無難にゴーヤチャンプル(777円)とか、最近はやり?のソーミンチャンプル(714円)の方がいいんじゃないの?
という問答の中、あえて選ばれたフーチャンプル。
どうでもいい品だったので、期待していなかったからか、登場してびっくりしました。

9.3-gurume4.jpg

白菜、ニラ、にんじん、赤ピーマン、もやし・・・
使いまわしかよ!!

いいえ。きっと、沖縄焼そばの方が使いまわしなんです。

これらに、ソーセージと溶き卵でフレンチトーストのようになっている車麩が加わって、香りからそそられる感じです。

車麩って、こんなにおいしいんだと初めて知りました。
色々なエキスやらコクやら味わいが、麩の中に閉じ込められ、且つふわっふわの食感!
フレンチトーストの表現がぴったりかもしれません。
いやいや、これを食べれただけでも、「ちゅら屋」に来たかいがありました。

今度来たら、ミミガーなどもチャレンジしてみようかと思いつつ、レジに向かいますと、店頭の沖縄グッズの中に、先ほどのコーレグース(609円)やフィファチ(588円)が置いてありました。
よっぽど買おうか迷いましたけど、家じゃどう使っていいか分からないし・・・

でも、少し気になって自宅で調べてみると、コーレグースは最近ダイエットに注目されている調味料のようで、湯豆腐やスパゲティ、煮物のかくし味にも使えるらしいです。
ダイエットかー、買っとけばよかったかなー。

沖縄家庭料理「ちゅら屋」八千代店 047-458-5389
イオン八千代緑ヶ丘ショッピングセンター2階
※席数82、営業時間10:00〜23:00(LO-22:00)

インターネットからも入手できます!やちなびお買い得情報
沖縄調味料(島とうがらし・黒糖粉・ぬちマース)セット(←写真をクリック!)
ちゅら屋で見かけた調味料や塩、ついでに黒糖とブレンドスパイス「やんばるひぃはぁふぅ」(なんだそりゃ!)がセットになっているものを見つけました。送料込みだから、スパイスだけ欲しいなら、セットが断然お買い得!(4,515円(税込・送料込))



posted by やちなび子 at 21:23 | 千葉 | Comment(0) |  > アジアン料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。