2014年08月17日

超本格北インド料理「PERFECTO(ペルフェクト)」

テレ東で、夜中にやってる番組「孤独のグルメ」。

ただただ、主人公のサラリーマンが、その日の気の向くままフラッと入ったお店で、あれやこれやと迷いに迷って注文した品々を、これはうまい!と、黙々食べるドラマなんですけれども。

先日観た、「東京都江東区木場のチーズクルチャとラムミントカレー」という回。
木場駅近くの北インド料理店で、主人公が目にしたのが円筒形の粘土製の壷窯型オーブン「タンドール」という調理機器で、本場のやり方そのままにインドピザ「クルチャ」が料理されていくんです。

ピザ生地を手で広げて、中にたっぷりすぎるチーズを入れて包み込み、お焼きの状態にして丸い釜の内側にペッタリ張り付けて焼き上げるクルチャは、手でちぎるとチーズの引きが凄くて!
またそれを、おいしそうに食べるんだな、井之頭さんは。


クルチャ・・・食べたいな。
北インド料理、どっか近くでないかしら??

と探してみたらば、勝田台に発見しました!
食べログの評判も良いし、何といってもシェフの見た目が!
写真を見た瞬間、「・・・え?このシェフって、木場の人じゃ・・・」と思わずにはいられないクオリティ。

よし。
今日は、ここにしよう。

↓ お店の名前は「PERFECTO(ペルフェクト)」。
260817-4.gurume.jpg

勝田台のインド料理と言えば、葉菜さんが有名ですよね。
まさにその葉菜の向かいにあるという!

260817-3.gurume.jpg
↑ でも、葉菜は南インド料理。ちなみにオーナーさん同士、仲は良いようです。

訪れたのは、日曜のディナータイム17時。
家族4人で、予約をしておきました。

今まで入ったことのあるインド料理店って、どこもラフな雰囲気なところが多かったので、まず入店してダークウッドで統一された空間に驚かされた!
入口左では、金が輝くヒョウの置き物(けっこうなサイズ)がお出迎え。
艶々と高級感のあるフローリングに、ゆったりした皮ソファーと黒光りするテーブルが、程良くゆったりレイアウトされています。照明も小物もハイセンスな雰囲気が漂っていて、とてもオシャレな大人の飲みスポット的な印象!


私たち以外はまだお客さんがいなかったけれども、なび息子たちを連れていて大丈夫かと心配になりましたが、オーナーがとってもこまめに気をかけてくださる方で、「気にされなくて全然大丈夫ですよ!」と声をかけてくれたり、ディナータイムなのにお子様ランチメニューを持ってきてくれたり!
気兼ねなく食事を楽しめました!

↓ メニューがこれまた色々あるのです。
260817-5.gurume.jpg

とりあえず、子どもの注文から先に。
「贅沢なお子さまランチ(680円)」という、ネーミングがゴージャスなのに価格が嬉しい品を2セットお願いしました。
バターチキンカレーとミックスライス(サフランライス&国産の白米)、ここに食べやすくカットされたシシカバブが3つ添えられた、ミニサラダ付きのプレート!

260817-7.gurume.jpg

通常はプチナンが付くのですが、なび息子たちにもこのお店へ来る前に孤独のグルメのクルチャシーンを見せてしまったため、「チーズクルチャが食べたーい!!」と熱望され・・・200円プラスでチーズナンに変更することに。

そうそう、このクルチャ。
本来は、チーズだけではなく玉ねぎやジャガイモなどの野菜も入ったものを指すらしく、井之頭さんが食べていたアレが食べたいなら「チーズナン」だということが発覚!

260817-9.gurume.jpg
↑ 運ばれてきたチーズナンは、まさに思い描いていたとおりの見た目!味わい!!少食ななび息子たちが、ペロリと1枚完食してしまった!

260817-8.gurume.jpg
↑ これに、食後のデザートとして大人と同じフルサイズの「完璧なプリン(通常290円)」と、好きなソフトドリンク(ラッシー、マンゴーラッシーも有り)が付き、さらにおもちゃまで貰えちゃうのです!!
何、何?!このお得感!!



さて、私たちはと言いますと、結局チーズナンがまさか全部食べられると思わなかったので、あえてクルチャ目的で来たわりには普通にカレーを注文。
「ベーシックカレーセット(1,250円)」を1セットと、特別メニューにあったタイ料理の「ガパオライス(980円)」、さらに骨無しタンドリーチキンのことだという「ティッカ(540円)」をオーダーしました。

カレーは2種類選べるんですが、ライトカレー、メインカレー、贅沢カレーという3つに分類された中のそれぞれがまた充実していて、迷う迷う。
ネーミングが面白く強気で、「究極のバターチキンカレー」やら「至高のラムカレー」とか、その響きが何とも「孤独のグルメ」を彷彿とさせちゃう。

ここに井之頭さんが来たら、1時間はメニュー選びに苦悶するんじゃなかろうか。

260817-12.gurume.jpg
↑ 究極のバターチキンカレー(左)と、至高のラムカレー(右)

で、結局チョイスしたカレー2種類が、こちら。
どちらのカレーも辛さ0にしてもらったんですが、もうカレーそのものがスパイシーで、濃厚で!舌で十分に堪能するためにも、あえての辛さは必要ない!!と思ってしまえるほど、奥の深い味わい。
どちらも。

特にバターチキンカレーは、どのインドカレー店でも扱う一品なだけに、さほど舌の肥えていないワタシでも比較対象が思い浮かぶわけですが・・・ああ、これは他とは別格モノだ。
何というか、思い描くとおりなんです。
こういう味に仕上がっていてほしい!と期待する、そのままの味が再現されたような。
良い意味で裏切りのない、まさにバターチキンカレー!

ラムカレーは、ラム肉と玉ねぎのややドライ感のある濃厚カレー。キリッと酸味が効いたパンチのあるカレーなので、合わせるのはシンプルなライスやナンがオススメとのこと。
セットなので、サフランライスとのミックスライスと、大きなプレーンナンが一緒についてきました!

260817-10.gurume.jpg
↑ ガパオライス(980円)

ガパオライスは、なび夫さんが食べたい!とチョイスした一品。
豚肉とピーマン、玉ねぎのバジル炒めです。
パクチーを無くすこともできますよ!

260817-11.gurume.jpg
↑ チキンティッカ(540円)

ナンと同じく、 備長炭使用のタンドールで焼きあげるチキン。
ブラジル産ではなく、厳選した国産鶏を使用しているとのことで、しっとりジューシーなうまみが楽しめました!


孤独のグルメのおかげ?で、またひとつ、八千代でお気に入りのお店に出会えました。
子ども連れで本格的な味が楽しめるお店って、ありそうでなかなか無いですからね。
ともあれ、次回は絶対チーズナンを自分用にひとつ注文することにしよう!

「うーん、・・・うまかった。」

●超本格北インド料理「PERFECTO(ペルフェクト)」 047-455-3966
千葉県八千代市勝田台1-14-70(地図
【営業時間】ランチ/11:00〜15:00(L.O.14:30)、ディナー(通常)17:00〜23:00(L.O.22:30)、(金・土)17:00〜24:00(L.O.23:30)
【定休日】水曜日(祝祭日の場合は営業し、翌日振替休日)
【駐車場】「タイムズ勝田台駅前駐車場(線路沿い)」または「タイムズ勝田台第四駐車場(千葉ガス&JAバンク付近)」利用の際、飲食代2,500円以上で1時間分サービス。
※勝田台第四駐車場隣のヨークマート&ツタヤ・タイムズ駐車場は対象外。
※ヨークマートの裏にある「HOSHINO駐車場」の6番のスペース(1台分のみ)は、事前予約の場合に限り時間帯によって利用可(要確認)。
【フェイスブック】https://www.facebook.com/restaurant.perfecto
【食べログ】http://tabelog.com/chiba/A1202/A120204/12031387/


posted by やちなび子 at 00:00 | 千葉 ☁ | Comment(2) |  > アジアン料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もだいすき
お米もおいしい パクチーもついてる
Posted by rt at 2014年08月21日 04:34
rtさん
コメント有難うございます!
パクチーが生のままパセリのように添えられていましたね!自分で量を調節?しながら頂けて美味しかったです^^
Posted by やちなび子 at 2014年08月21日 05:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。