2012年06月27日

cafe PicNic(カフェ ピクニック)

なび息子たちが幼稚園に行っている平日、なび夫さんがお休みだったので久々にゆっくりランチでも・・・と、以前から気になっていた勝田台にあるカフェPicNic(ピクニック)へ行ってきました!

240627-1.gurume.jpg

場所は、ヨークマート勝田台店前のコインパーキング入場口に向かう通り沿い。白の建具に、白テーブル&チェアで統一された可愛らしいテラス席に惹かれて、いつも前を通るときに「こんなところでゆっくりお茶が出来たらなぁ・・・」となび息子たちを連れて歩きながら思っていたんです。

240627-2.gurume.jpg
↑ 専用駐車場は無いので、すぐそばのコインパーキングを利用。ヨークマートやTUTAYAで買い物すると、レジで60分無料サービスをしてもらえるパーキングです。

240627-3.gurume.jpg
↑ カントリー調の雰囲気で統一されたテラス席。

窓越しにはあまり店内が見えず、テラス席がメインのすごく小さなカフェなのかと思っていたんですが、入ってみたら想像していた以上に奥行きのあるフロア!2人掛けのテーブル席が7つ、ソファでゆったり4人掛け、カウンター2席程度がレイアウトされていて、全然テラス席メインなんかじゃありません。
外から見る雰囲気そのままに、真っ白な壁には同じく白を基調にした額や小物がアクセントを加え、女性なら誰もが夢見たような憧れの空間!一歩入れば、可愛いー!と言わずにはいられない感じ。

240627-5.gurume.jpg
↑ 白い空間には、ナチュラル色のテーブル&チェアがとても映える!ハンドメイド雑貨も販売されていて、店内左手に設けられた白い棚にはセンス良く手作りネックレスやピアス、オリジナルフォトカードや布バッグなどが並んでます。

まだお昼前でしたが、すでに7人ほどのグループ客がテーブルを寄せて打ち合わせの様子。BGMには優しい洋楽がかかっていて、個室ではないんだけどすごく落ち着ける空間で、そういったお話し合いの場に使われるのも納得。かといって一人だけでは躊躇しそうかと言えば、むしろ一人でふらっと立ち寄りたくなるような隠れ家的な雰囲気も持ち合わせているから不思議です。

だからこそ、ちょっとこの雰囲気を崩したくないので子連れでは来にくいかも・・・(お店的にはkidsドリンクも用意していて子連れOKのようですし、あくまでなび息子を連れてきたとしたらの印象だけれども)。特に周りに雑貨が置いてあることもあって、もし手を触れてしまったら!とか、騒がしくしてせっかくの時間を愉しみに来ている方に迷惑を掛けてしまうかも?!と気になって落ち着かないし。
せめて0歳代で手元に留めておける位だったらいいかしら、でも店内にベビーカーを持ち込むのはスペース的に厳しそう。
小学生くらいで静かに座っていられる感じだったら問題なさそう。むしろ女の子だったら、一緒にママとランチをしに連れて来たら、きっとすごく喜んでくれそうだわ!

そうそう、連れてくると言えば、外のテラス席はペット同伴可だそうです。

240627-4.gurume.jpg
↑ テラス側に向いたカウンター席にちょっと腰かけて、外を眺めながらひとりでゆっくりお茶を楽しんだりしてみたい・・・!

さて、席についたなび夫さんと私。
手描き&スナップ写真のアルバム風メニューを手に取り、4〜5種類ほどあるランチメニューから「タイ風グリーンカレーセット(1,000円)」と、「タコライスセット(1,000円)」をチョイス。他には日替わりのキッシュをメインにしたセットや、ラップサンド、バターチキンカレーセットなどがありましたが、季節によってメニューが変わるようです。

このセットにはドリンクが付くんですが、指定のコーヒーや紅茶、オレンジジュースなど以外でもプラス100円で選べます。さすがカフェというだけあって、ドリンク類は種類が豊富!ご参考までに、単品のフレッシュジュース類は500円、カフェラテやキャラメルラテなどコーヒー系のメニューは500円〜550円程度で用意されていました。kids(小学生まで)ドリンクは300円です。
ひときわ目を引くのが、ラテアートのサービス!
ランチセットにプラス100円すれば、数種類あるラテから好きなドリンクを選べるうえにラテアートを施していただけると聞き、迷わずそちらをオーダー。見本でいろいろなラテアート写真が載っていましたが、その模様については選ぶことはせずお任せになります。

女性の店員さんが二人、忙しそうにお料理を準備している様子がカウンター越しに見えます。
やや高めの白タイル張りなカウンターの奥には、普通の家庭にあるようなガスコンロがあって、トースターがあって、電子レンジがあって・・・。さすがに業務用だけれどシルバー色の冷蔵庫には、ドーナツなどのマグネットが貼ってあって、景色的には完全にお友達のお家。

「友人の家でランチをご馳走になるのを、ダイニングテーブルで待っている」

ああ、これだ。
このラフな雰囲気があるから、複数人で来ても、一人で来ても、きっと落ち着いて過ごせそうな印象を持てるんだわ!
なーんてお店の様子をうかがいつつ、なび夫さんとのゆっくりした時間を楽しみつつ過ごしていましたところに、素敵なワンプレートランチがご到着。

240627-6.gurume.jpg
↑ タイ風グリーンカレーセット。雑穀ご飯とサラダ、小鉢が添えられています。

私が選んだグリーンカレーセット。辛いのが苦手なので、辛くないというバターチキンカレーも気になったのですが、一番最初のページに載っていてオススメ感が伝わってきてチョイスいたしました。お店の方が「一般的なグリーンカレーはかなり辛めですが、こちらのは抑えています」という言葉を信じて一口。

含んだ瞬間、タイ料理独特のパクチー系の香草感がスーッと広がり、塩気の強い旨みと酸味のパンチ力!これはカフェで出てくるレベルじゃないわ・・・って、やっぱ辛!!喉の奥が痛ーい!
でも手が止まらないー!!

240627-7.gurume.jpg

サラサラしたスープに、タケノコの細切りや赤ピーマン、ナスなどの具材が程よく入っている、ほんのり黄色みがかったこの一品。「グリーンカレー」の響きから、もっと緑色なのかとイメージしていましたが、見た目は豆乳スープ的な感じです。
ココナッツミルク効果なのか、かなりマイルドにまとまってはいるけれど、それでもやっぱりスパイシー!

プレートにはサラダと小鉢(この日はツナ和えマカロニサラダ)も乗せられているのですが、このサラダのドレッシングにビックリしました。何か市販的なフレンチドレッシングのように見えたのですが、まず香りからそれでは無いことに気づきました。香ばしいナッツ?と、よくドレッシングを見てみると砕けたナッツ類が含まれてまして、さらに頂いてみて驚いたことに全くの酸味ゼロ!決して人工的ではない素材そのものから生まれるような、でもかなり濃厚な甘みが印象的です。
今まで出会ったことのないこのドレッシングに、メイン料理に負けないほどの存在感を感じました。

240627-8.gurume.jpg
↑ タコライスセット

さて、こちらはなび夫さんチョイスのタコライスセット。
細切りレタスや炒めたひき肉、コーンが雑穀ご飯の上に彩りよく盛られて、見た目からはグリーンカレーセットよりもボリュームがありそう。
やや崩しつつスプーンですくうと、中からとろけたチーズが!
絶妙な塩加減にまとまっていて飽きが来ないし、パンチ力もあって男性にも満足感がありそうです。

240627-9.gurume.jpg
↑ こうやって引いて見るとやや少なめに見えますが・・・、確かにちょっと腹7分目くらいです。

食後にお願いしていたドリンクもまた良かった!

ラテアートは期待通りで可愛さ満点!
梅雨の時期を意識してのてるてる坊主添えです。
飲むとすぐにアートが消えてしまうんだとばっかり思って、なかなか口にできなかったのだけど・・・これは表面に牛乳の膜が張る感じなんですね。傾けるとうまくイラストごと移動するので、ほぼ底につくまでうさぎちゃんを楽しむことが出来ました。本当に最後の最後、泡部分をすすって初めてアートが崩れていきました。

240627-10.gurume.jpg

このカフェラテもですが、特になび夫さんが注文したアイスカフェラテを頂いたときのミルク感といったら!料理にサービスでついてきた薄い感じのアイスコーヒーなんて印象は一片もなく、きちんとコーヒー自体のコクと深みのある甘みを保ちつつの、ザ・濃い牛乳ブレンド。
店の空間だけ提供しているのではなくて、ちゃんとお料理や飲み物でもきちんとおもてなししたい!という心が伝わってくるようです。

実は腹7分目では物足りず、目についた「本日のケーキ」からブルーベリータルトとNYチーズケーキを追加注文しておりました。
こちらも単にお皿に乗せて持ってくるのではなく、可愛くお皿デコ。

240627-11.gurume.jpg

ケーキはどれも単品400円なのですが、この手を加えた感じとケーキのサイズを考えるとかなりお得感があります。一般的には濃厚な感じのケーキだと、もう一回り小さくカットするお店もあるかもしれませんが、ランチプレートの腹7分目がいきなり9分目になるくらいの満足感!
もともと洋菓子のこってり感がやや苦手で、量が進まない私ですが、生クリームはさっぱりしあげてあるし、濃厚だけれどタルトの生地の上品な美味しさだったり、生ブルーベリーそのものの新鮮なさっくりした触感とジューシーさが後押しして、ついつい食べきってしまえるような一品でした。

240627-12.gurume.jpg

なび夫さんのチーズケーキは、触感がやや固めで濃厚なことには変わりないのだけれど、なぜか口当たりはさっぱりとしているんです。これはあまり出会ったことのないチーズケーキ!
ちなみに、ケーキセットなら指定のドリンクとケーキで800円。ほかのドリンクを選びたい場合は、こちらもプラス100円で変更できます。
また、テイクアウトも同じく一切れ400円で可能だとか。そのほかピザと本日のキッシュも持ち帰りが出来るようです。

240627-13.gurume.jpg

帰りがけ、お隣りに運ばれていたキッシュのランチセットがすごーく魅力的で、近いうちにまた来なきゃ!と思いを強くしましたわ。そうそう、こちらは18時から夜ごはんメニューがあるそうで、700円〜900円程度で頂けるとのことでした。アルコールはビール600円、カクテル各種500円で結構種類もありましたし、メニューから想像するには、どちらかといえばアルコールを楽しめる料理という感じだったので、夜もがっつりお食事重視というよりはお酒とおしゃべりを楽しめるお店という感じかしら?と思いましたが・・・夜に行かれた方、ぜひご感想をお待ちしてます!
飲みながらのおしゃべりか・・・、まだしばらく当分は縁遠いけれど。

たっぷり1時間半くらい、子供たちを気にせず久々のデート?を楽しめました!
カウンターには祝4周年のお花が飾ってあったので、思っていたほどの年数は経っていなかったのですが、きっとこれはファンが多そうなカフェだわ。
ぜひお一人でも、時間があるときに立ち寄ってみてはいかがですか?

●cafe PicNic(カフェ ピクニック) 047-483-3327
千葉県八千代市勝田台1-35-9 鈴木ビル1階(地図
【営業時間】11:00〜22:00(18:00〜夜ごはん ラストオーダー/21:00)
【定休日】火曜日
※テラス席はペット同伴可
※11:00〜ランチ有り


posted by やちなび子 at 00:00 | 千葉 ☁ | Comment(0) |  > カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。