2006年11月07日

沖縄料理 シーサーやっちーよ

沖縄料理って、テレビでもよく特集があったり、旅行に行った友達が面白おかしく説明したりしてくれるので、一度食べてみたいなぁとは思っていたんですがなかなか食べる機会もなく、ようやく初めて口に出来たのは緑が丘イオンにある沖縄家庭料理「ちゅら屋」(そのときのレポートはこちら)に入ったときでした。
読んでも想像不可能な、不思議なメニューの数々に驚かされたなぁ・・・。
あのとき食べたフーチャンプル、また食べたいなぁ・・・。
そんな思いを胸に、いざ緑が丘イオンへ足を運んでみたら・・・何ですと?

ちゅら屋、閉店ですか?!ありゃまー。

代わりに入るのは、村上フルルにもある「大戸屋ごはん処」だそう。そうなんですかー、ちょっとショックですが、大戸屋は好きだから仕方ない。
ちなみに、4階のフードコートには「長田本庄軒」の左隣あたりに牛丼のすき屋が入るみたいですね。緑が丘イオンもちょっとずつ店舗が入れ替わってます。

いやいや、そんな話ではなく、話題は沖縄料理。
もう、フーチャンプルのお腹になってしまったもんだから、どうしても沖縄料理屋へ行きたくなってしまったわけです。そんなときにふと思い出したのが、ゆりのき通りに忽然と姿を現した黄色い看板。
あれって確か、沖縄料理屋さんじゃなかったっけ?

181106-1gurume.JPG

「シーサーやっちーよ」って、ネーミングからまず怪しすぎるのに、店の場所は地下1階・・・。踏み入れるのには相当勇気がいりますな。しかも、9月19日オープンだからまだ新しいはずなのに、看板の電話番号あたりが消えかかってるし。
でもなー。
どんな店なんだろうなー。

気になって、気になって、やっぱり行って来ちゃいました!

181106-2gurume.JPG

ここは、「焼肉えびす」が改装工事中に仮店舗として営業していた場所で、急な階段を降りた右手に、お店の入口があります。焼肉えびす時代にも来たことがなかったので、どんな広さなのか想像がつかず。
店の前には沖縄っぽくシーサーの置物がしっかり座り、手前には電飾華々しいやしの木が飾られています。さらには、チャンカチャンカと沖縄民謡?がどこからともなく流れてきて、いかにも!って感じ。
本日はなび息子を見に来てくれた友人と、なび夫さん、そしてぐっすりおねんね中のなび息子を連れて、4名での来店です。
このままおりこうさんに寝ててねー、と願いつつ・・・入店。

店内は、大体想像どおりの広さです。入って正面に7席ほどのカウンター席と、広めの厨房があり、右側は4〜6人くらいが囲める座敷2つと、左側に4人掛けと2人掛けのテーブルが2つずつレイアウトされています。
この日は夜18時過ぎ頃でしたが、すでに座敷は一杯だったのでテーブル席へ座ることになりました。片側が長椅子になっているので、なび息子を座布団の上へ置いて・・・よし!まだ寝てる!

「いらっしゃいませー。お先にお飲み物をお伺いします!」
お揃いのTシャツを来た店員さんのひとりが、テーブルにお水を持って現れました。本日のメンバーは“飲まず”の人ばかりだったので、アルコール無しのドリンクメニューからチョイスです。
私は沖縄料理屋に来たから!と、シィークヮーサージュース(300円)を注文。他に、サンピン茶(ジャスミン茶)やうっちん(うこん茶)など、それっぽいドリンクもありました。
ちなみに、サワーは400円〜、ビール中は500円、オリオンビール中は600円で、泡盛も別メニューで沢山用意されています。

181106-3gurume.JPG

シィークヮーサージュースは、超すっぱくて少し苦味もある本場のお味。アルコールではないですが、ちゃんとお通しも付いてきました。本日のお通しは太いマカロニのマヨ和えですが、特にこれといって沖縄っぽさはなく。

さてさて、何を注文するか?!
さすが沖縄料理屋と謳うだけあって、メニューは沖縄色満載。これでもか!ってほど種類の多い各種チャンプルーや、現地そのままの品名でどんな料理がくるのか検討もつかない単品料理の数々の中から、今回選びましたのはこちら。
・海ぶどうサラダ650円
・ラフティ900円
・フーチャンプルー750円
・ゴーヤチャンプルー750円
・ソーキそば900円
・三枚肉丼950円

店内には、結構子連れファミリーも多く、地下のお店ということで想像していた陰気なイメージはどこ吹く風。ちゃんかちゃんかの沖縄ミュージックと、壁一面に貼られた“泡盛のれん”に雰囲気も自然と盛り上がります。床やテーブルは木製で、壁は白色と、とってもスッキリした清潔感のある店内です。しかも蛍光灯のせいか明るく開放的な感じで、居酒屋だけれどファミリーで座ってても違和感がないですね。

そんなこんなで、一品目が運ばれてきました。
これは、初ご対面。海ぶどうサラ・・・だぁ?!

181106-4gurume.JPG

ひぃ!
キモチワルイ!!
サラダは、レタスやキャベツ、細切りのきゅうりやにんじんが盛り合わさり、トマトが傍らにトッピング。もちろんメインの海ぶどうも、覆いかぶさるようにでーんとおいであそばしてよ。
それらに、酸味のあるドレッシングがかかっているんですが、イメージ的にはちょっとすっぱめのコールスローのような感じです。
最近めっきり虫系がダメになった私にとって、それはそれはキモチワルイ海ぶどう。でも、これも経験だ!と、口にしますと、想像通りプチプチした食感で、なんてことはない海草のお味です。見た目で勝負!って感じ?

お次はラフティ。
・・・ラフティ?って、どんな食べ物ですか?
「豚の角煮ですよ。皮と脂身と赤身が3層になっている部分を、醤油ベースのタレで煮込んだものなんですが、隠し味に泡盛が入っているんですよ。」

181106-5gurume.JPG

肉の脂身って、食べてると喉の奥あたりが気持ち悪くなってきてダメなんですが、これは全然油っこくなーい!!しかも、超やわらかーい!!
お箸で切り分けて大人3人で頂いたんですが、もう1枚くらい注文したくなるほど、ばくばくいけるあっさりさです。これに添えられたマスタードをつけると、さらに味がしまってキリっとした深みのあるコクが楽しめました。

ちょっと混んできたからか、しばらく間をおいてチャンプルー2種類の到着です。
ここのフーチャンプルーは、どんな感じかしら?

181106-9gurume.JPG

ニラ、ニンジン、玉ねぎ、豚肉、キャベツ、もやしの中に、卵かな?と思うような姿で車麩がごろっと入ってます。かつおぶしはかかっていませんが、それっぽい風味がし、味つけはコショウっぽい野菜炒め系。
この麩がなんともモチモチな感じで美味しいんですよね。麩なんてお吸い物くらいにしか使いませんが、こうやって炒め物にすると途端にメイン食材になるからおもしろい!

181106-6gurume.JPG

ゴーヤチャンプルーは、最近コンビニ惣菜になるほどポピュラーな炒め物になってきましたが、ここのチャンプルーは沖縄らしくスパム入り!
ゴーヤ、スパム、豆腐、卵とシンプルな食材ですが、逆に薄くスライスされてシャキシャキ感たっぷりのゴーヤがしっかり楽しめます。ちょっとしょっぱめの味付けですが、ビールなんかと一緒に食べると丁度いいのかも。

最後はソーキそばと三枚肉丼がやってきました。

181106-7gurume.JPG

紅しょうがは別で小皿に用意されているので、これを乗っけていただきます。麺はソーキそばらしく、うどんよりかは蕎麦に近い歯ごたえなんですが、結構もちっとしているタイプかも。太めの平麺で、つゆは豚骨ベースなんですが、かつおだし?が効いていてあっさり薄めの味付けです。むしろ濃すぎないおかげで、つゆを一緒に飲んでもしつこさがなく食べ続けられます。
乗っているスペアリブも、軟骨までつるっと剥ける柔らかさ!

181106-8gurume.JPG

ちゅら屋でも見かけた島とうがらしが、このお店にも置かれていました。見た目はなにかのホルマリン漬けのようで怪しいんですが、これをちょっと垂らして食べると、薄めの味付けにパンチが効いてこれまた旨し!

最後に頂いたのがこちらのどんぶり。

181106-10gurume.JPG

5枚ほど豚肉が乗っかり、その上にはとろーり半熟黄身の目玉焼き。さらにレタスが敷いてあります。
ラフティほどの柔らかさは無く、逆に結構固めでしっかり肉々しい食感。このお肉は甘すぎないタレで味付けされていて、下の多めによそってある白ご飯と一緒に頂きます。

ふー!
結構お腹一杯。
どのお皿も多すぎず、少なすぎず。でも、お値段が若干お高めな感じかしら?(100円ずつくらい安いと、もっと行きやすいかも・・・。)
最後お会計を済ませるときに、お店カードが置いてあったんですが、これによると西葛西に元々「沖縄料理&古酒泡盛の店 利葛西 レッツゴー沖縄」というお店を出されていた店長さんが、八千代に店名を変えて出店したのがやっちーよみたいですね。

帰り際、入口左側に色んな泡盛の酒樽?ツボ?が目に留まりました。

181106-11gurume.JPG

へー。こういうのから頂くこともできるんだー・・・あ??

181106-12gurume.JPG

ギャー!!
なんじゃこりゃー!!

うっかりなび息子を落としそうになりつつ、ブツは見なかったことにしてお店を後にしました。
沖縄料理、思いのほかデンジャラスなり。

●シーサーやっちーよ 047-483-4313
千葉県八千代市ゆりのき台4-7-5第1ニッコウビルB1(地図
営業時間/17:00〜24:00
※駐車場は京葉銀行駐車場を利用(2時間無料券有り)



posted by やちなび子 at 00:00 | 千葉 ☀ | Comment(4) |  > アジアン料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
当日い髭面の店員です。
レジ寄りのテーブルにお座りになられた方ですね。小さなお子様がいらしたにもかかわらず座敷が空いてなく、申し訳なくテーブルに案内させて頂いた事、覚えております。
料理的には、沖縄出身であるオーナーが自信もって創った料理なので間違いはないと思います。まだまだ、もっと店内も沖縄色
出していきたいと考えております。何か、
お気付く点がありましたら、お伝え下さい
ませ。従業員一同、頑張っていきますので
宜しくお願い致します。
Posted by 歌って踊れる料理人 at 2006年11月13日 02:29
コメントをお寄せいただき恐縮です^^;
先日は美味しい沖縄料理をどうも有り難うございました。オーナーさんは沖縄出身でいらっしゃるんですね!
ラフティがとっても柔らかくて、これが脂身?!と疑うほど美味しかったです。
またお伺いします!
Posted by やちなび子 at 2006年11月13日 15:37
今度行って見たいと思います。
営業時間をお教えください。
沖縄そば すばでも食べたいですね。
Posted by at 2007年04月22日 22:41
今度行って見たいと思います。
営業時間をお教えください。
沖縄そば すばでも食べたいですね。
Posted by 船橋八千代 at 2007年04月22日 22:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。