2011年10月24日

はま寿司 八千代大和田店

231022-1.kurashi.jpg

気付けば最近、スーパーで刺身を買うことがめっきり減りました。
お夕飯には家族みんなで数パック必要だし、1回分のおかずとしては他の食材に比べて割高!同じお金を出すんだったら、ママも楽チンの外食で・・・ということで、『生のお魚は、週末の回転寿司で摂る』が定番になっております我が家。
これ、うちだけかと思いきや、周りのママ友達に聞いたら同じ目的で案外と回転寿司率が高かった!
緑が丘方面に住んでいる場合は、296沿いのカッパ寿司がダントツ。
村上や勝田台だと選択肢が広がって、296沿いのスシローやユーカリ近くのカッパ寿司、フルル横にあるおたる寿司(最近行きました?ここ1年半〜2年くらい前から、昔に比べて値段&味バランスがすんごい良くなった!キッズコーナーも出来たし、数年前に絶望したっきりだった方にはぜひ・・・って、今回は違う店のレポートだったわ!)、ちょっと遠出して千葉NTのくら寿司などなど。
銚子丸レベルの価格帯の回転寿司店も色々あるけれど、幼児がいるとサイドメニューの充実振りも外せないのです。うどんがあるか?から揚げやポテトなど興味を惹きつけておけるものが用意されているか?子供用椅子がきちんと準備されているか?といった本来の寿司目的以外にもチェック項目が広がってしまうので、結局ファミリー向けのサービスが充実している100円寿司店の利用率が上がってしまいます。
(いつか機会があったら、回転寿司だけでレポートを書きたいくらい色々行ってるんですけれどね・・・ジョイフル2のやまでん、千葉北向こうの百萬石、市原の鮨八とか、超マニアックに美味しくて安い店を探索しております。)

さて、緑が丘方面のママに選択肢が広がる朗報!
この10月に西松屋のお向かい、よしかつ右隣りに「はま寿司」がオープンしました。牛丼店すき屋でお馴染みのゼンショーグループの寿司チェーン店です。
7日にオープンしたばかりですが、早くもチャレンジした方から「はま寿司なかなか美味しい!」と評判の声が多かったので、さっそくなび家も参戦してきましたわ。

231022-2.kurashi.jpg
↑ よしかつとの間に広がる駐車場、さらに奥にも第二駐車場があるんです。

231022-3.kurashi.jpg
↑ 他の回転寿司と違うのが、ドライブスルーがあるところ!双子ちゃんがいるお友達が、前に「車から降ろしたりするだけで大変だから、ドライブスルーのあるお店でしか外食できない・・・」ということを聞いたんですが、これなら注文しておいて買って帰られるから嬉しいですね。

はま寿司の売りは、平日いつでも「寿司一皿90円(税込94円)」!
そして「お持ち帰りも平日10%OFF」!!

土日祝は100円(税込105円)なので、残念ながら週末向かったのでこの恩恵には与れませんでしたが・・・ただ、このお値段も内容がしっかりしていてこそ。まぐろ“のようなモノ”的な素材では、100円寿司のレベルが大変上がってきた昨今、やっていかれませんからね。

はま寿司のこだわりを拝見しましたら、こんな点に注力されているそうです。
・日本全国の漁港から新鮮な魚を仕入れ、毎日各店にてさばいている。
・新鮮なおいしさを保つためICチップを内蔵したお皿を使い、一定時間内に取られなかったものは自動的にレーンから外されるようコンピュータ制御。
・タッチパネル式注文用モニターを導入。レーンに流れていないお寿司や、茶碗蒸し等のサイドメニュー、デザートやドリンク類のご注文が席から行うことができる。

231022-4.kurashi.jpg

何はともあれ、まずは入店。
先に席を取りに入ったなび夫さんが受け取った番号は66番とのこと、これはカウンター14席分に続いて並ぶ各テーブル席に振られた番号のラストナンバー。広い駐車場が埋まっていたので少しは待つ覚悟で入店しましたが、この席の多さに救われました・・・というか、この席数にまず驚いた!

通路は広めでベビーカーを入れ込んでいる方もちらほら。
幼児用チェアは、シートの上に乗せるタイプ。子供用のお椀やフォーク・スプーンなどのカトラリーは、近くを探しましたが見当たらず、スタッフの方に声をかけたらすぐにテーブルまで運んでくださいました。
そうそう、各列の一番通路手前のテーブルは車椅子が楽に入れ込めるような構造になっているようです。

231022-5.kurashi.jpg

注文はテーブル横についている画面から。
こちらは注文した商品がレーンで流れてきて、近付いてくると画面表示とアラームにてお知らせしてくれるタイプ。新幹線や、キャラクター付きの特別レールで運ばれてはきません。

231022-9.kurashi.jpg
↑ モニターの様子。上の棚には持ち帰り用の入れ物が置いてあったりもします。

231022-6.kurashi.jpg
↑ こちらがスタンダードメニュー(H23.10時点)。あ!好きな炙りえんがわがある!!

231022-7.kurashi.jpg
↑ 期間限定の商品もあります。

231022-8.kurashi.jpg
↑ デザートも充実。特筆すべきはコーヒーがあるところ!『フェアトレードコーヒー(100円)』はレーンで空カップと一緒に回っていて、手元でお湯を差すドリップバッグタイプです。そうそう、いつもデザート食べるときコーヒーがあれば・・・と思っていたの。

大人用の寿司を注文する前に、まずはなび長男・次男を落ち着かせるべくかっぱ巻きや納豆巻き、うどんをサササと登録するなび家。1歳代までは生もの抜きのメニューを選ばないといけないので、うどんが無いお店だと次男の時間が持たなかったりしましたが・・・ここはうどんにおそば、からあげ、枝豆まで充実のサイドメニュー!
子供が産まれるまでは「なんで寿司屋なのにこんなサブ的なメニューにこだわるんだろう?」と理解できなかったんですが・・・とんでもない!親も子も満足できる回転寿司、大助かりです。

231022-10.kurashi.jpg
↑ 二人とも好きなパックジュースとのり巻き、うどんに惹きつけられている!よし、なび夫さん。今のうちに、まぐろはらみと、えびアボカドと、炙りえんがわと、・・・。

231022-11.kurashi.jpg
↑ きつねうどんもえびの天ぷらそばも200円。うどんはスッキリ透明なおだし、お蕎麦は醤油こっくりの甘目な仕上がりです。うどんはモッチリした麺で口当たりも良く、うっかり半分くらい私が頂いてしまった・・・。

大人向けに注文したお寿司も、ほどなくして到着!
某寿司店では、レーンで回っているものより注文した方が確実に良い部位が乗ってくるケースがあるんですが、ここはレーンで回っている方が美味しそうに見えたりすることもあったりとどちらでも良品のようで、注文せずに手を伸ばすこともしばしば。
ちなみに、お醤油は直接かけるため、小皿はありません。

231022-13.kurashi.jpg
↑ 舌でとろける炙りえんがわ、アボカドはチューブだけれど水っぽさがなく濃厚なエビアボカド。

231022-12.kurashi.jpg
↑ 限定メニューの四国産カンパチは脂がのっていて歯ごたえもハリハリ新鮮。最近スシローで見かけなくなった姿ヤリイカ。

そうそう、から揚げ(多分3個入り150円)を注文しようとしたタイミングで、目の前を通過した脅威の「軍艦からあげ」に遭遇。
半分に切ってあるわけでもなく、丸ごとドーンと乗っかってます。ごはんとの間のマヨネーズで、何とかそこにとどまって流れている感じ??ご飯も付いて100円・・・サイドメニューで頼むよりお得感があります。

231022-14.kurashi.jpg
↑ サックリ食感!んん?ちょっと衣の割合が多・・・でも、子供たちは好んで食べてました。

お手洗いもキレイだし、オープンしたばかりですが店員さんも落ち着いていらして回転も良く、美味しく楽しい時間を過ごせました。このあたりの立地は、お店の変わりが激しいんですが・・・これはリピーターも絶対付くし、大丈夫かも!!
持ち帰りメニューもお得そうだし、年末年始にも便利に利用できそうです。

はー、お腹一杯。
今日はお寿司を食べすぎてデザートまで手が伸びなかったけれど・・・次回はケーキ、食べてみなきゃ!

231022-15.kurashi.jpg

●はま寿司 八千代大和田店 047-450-8080
千葉県八千代市大和田新田121-6(地図
【営業時間】11:00〜23:00
【駐車場】有り
【支払い】現金のみ(カード不可)
【ホームページ】http://www.hamazushi.com/hamazushi/index.html


posted by やちなび子 at 00:00 | 千葉 ☁ | Comment(0) |  > 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。