2012年11月23日

ル・ジャルダン・デュ・ソレイユのクリスマスケーキ

【追記】2012年11月23日
毎年大人気のソレイユさんのクリスマスケーキ、今年も10日からすでに予約受付がスタート!
定番の丸いショート、チョコ生ショートの2種類に加えて、毎年変わる限定ケーキも気になるところですが、2012年バージョンは3種類!
エトワール・ノエル2012(限定30台)12cm 3,500円
241123-3.gurume.jpg
↑ ホワイトチョコムースの中にシナモンやスターアニスなどのスパイスで香り付けした苺のコンポートとゼリーを入れてあります。

タルトキャラメル・ショコラ(限定30台)15cm 4,300円
241123-2.gurume.jpg
↑ ナッツやドライフルーツが入ったキャラメルタルトの土台に、ミルクチョコのムースとダックワーズ生地が入っています。

フィグ・カシス(限定50台)15cm 4,000円
241123-1.gurume.jpg
↑ ビターチョコレートムースの中にカシスのムースとオレンジで煮込んだイチジクのコンポートが入っています。
2012年クリスマスケーキ情報
【ご予約受付】11月10日(土)〜12月17日(月)
【お渡し期間】12月22日(土)〜25日(火)
【詳細】http://www.gpi-group.co.jp/soleil/index.php/xmas2012/

また、クリスマス時期だけの限定商品「シュトーレン」も11月19日(月)から販売が開始されました!
洋酒漬けしたドライフルーツをたっぷりと練りこんだ生地をじっくりと焼き上げ、バターと砂糖をまぶして仕上げたリッチな焼き菓子です。大きいサイズは専用箱入りで贈答用におすすめだとか!(大サイズ 2,200円、中サイズ 1,000円、カット 200円)

そろそろお家の飾りつけも本格的になってくる頃。
ぜひご自宅用に、クリスマスパーティでのおもたせ用に、いかがですか?


2009年12月8日

12月に入ると、何となくそわそわするのは私だけではないはず。

毎年さほど変わらないけれど、一応、年賀状は今年何枚用意しようか?と住所録を見返したり、年末年始の予定はどうするのかなあ?となび夫さんにさりげなく確認したり。年末はそんな細々した用事が色々ありますが、その中でも私の一番楽しい用事のひとつは『今年はどこのケーキを注文するか?』で悩むこと。
クリスマスケーキでしょ、(実は今月誕生日なので)私のバースデーケーキでしょ?

八千代市内にはケーキ屋さんがいくつもあるんですが、ここ「ル・ジャルダン・デュ・ソレイユ」は入ったことがありませんでした。先日(株)GPIさんのレポートをするのに初めて立ち寄り、とっても素敵な雰囲気のお店でビックリ!
今年はここのケーキもいいなぁ・・・と狙いを定め、すっかりクリスマス仕様に変わった店内をのぞいてまいりました。

211208-7.gurume.jpg

扉に飾られたリースをはじめ、店内の至るところにサンタクロースやトナカイ、雰囲気満載のクリスマスツリーなどなど、ただでさえ心躍る洋菓子店が一層の盛り上がりを演出してくれています。

211208-8.gurume.jpg

中でも目を惹くのが、表の看板周りに並べられた切り株のようなもの。斜めにカットされた面には、サンタクロースやトナカイ、クリスマスツリーなどが描かれています。
これは、貝殻亭リゾートさんで企画中の“間伐材”を使ったエコプロジェクトで、千葉県でも問題のひとつになっているという人工林のメンテナンス不足に注目したものだとか。
日本の国土の約7割を占める森林のうち、4割が人工林と言われているそうですが、植林によって出来たこの人工林は間伐(間引くこと)などの手入れをしないと丈夫な木が育ちません。手を加えないと、日光が届かず木々の成長が阻害されて土をつかむ根が発達しないために、倒木や土砂崩れ、洪水など災害が起こりやすくなっていると言われています。
森林が持っている本来の機能を失い、結果的に生態系への影響も深刻になっている一方で、安い外国産の木材が輸入されて国産の木材や間伐材に需要が少ないために問題が解決されないとのこと。
そのため新たな間伐材の用途が求められているそうで、そのアピールの一環としてこの企画を発案したんですって!

211208-6.gurume.jpg

飾られている間伐材のサンタクロースは、千葉県森林組合で処理に困っている間伐材を特別価格で譲り受けてきて、GPIさんがせっせと斜めに切り分けたんだそう。
それを10月に行われたハロウィーンフェスティバルのエコキャンドルでも協力してもらった(⇒関連レポートはこちら)八千代市立村上北小学校の全校生徒さん約140名の手によって、こうした可愛らしいクリスマスの置物へと生まれ変わらせたということなんです。

211208-5.gurume.jpg

ちなみに、一般の方向けにも「間伐材サンタクロース作り教室」を開催中で、私がお伺いしたときのも2階カフェスペースで女性の方(お友達同士?)がすごーく楽しそうにサンタを描くのに没頭していらっしゃいました。間伐材の数に限りがある上に開催日も迫っているので、興味のある方はぜひお早めにお問い合わせしてみてくださいね。
⇒間伐材サンタクロース教室の詳細情報はこちら

なーんて、かなり話がそれましたが・・・そうしたクリスマスの飾りつけに目を奪われつつ、ケーキを見に店内へ入ったわけです。
今年のクリスマスケーキは4種類用意があるそうで、ひとつはポピュラーなショートケーキ「ガトーフレーズ」。これは普段から購入できるケーキにクリスマス仕様のデコレーションが施されてあるものです。サイズも少人数家庭には有り難い4号サイズから、5号、6号と3タイプから選べます。

やちなびをやっていて良かった!
初めて実際にケーキを作る様子を生で見せてもらっちゃいました。

211208-9.gurume.jpg
↑ 丸くカットされたスポンジにシロップをささっと塗って、生クリームとイチゴのスライスを乗せていきます。

211208-10.gurume.jpg
↑ スポンジ3枚を重ねたところで、全体に生クリームを施していきます。

211208-11.gurume.jpg
↑ クリスマス専用の飾りを丁寧にレイアウト。

あっという間に、直径12cm・4号サイズのガトーフレーズが完成!!

ガトーフレーズ
4号(12cm)2,800円、5号(15cm)3,800円、6号(18cm)4,600円
211208-4.gurume.jpg

クリスマス直前になると、2〜3日は徹夜でケーキを仕上げるというソレイユのパティシエの方々。もちろんある程度は事前に準備するそうですが、出来る限り作りたての美味しさを届けたい!ということで、その様子はケーキ作りが仕事という考え以上のものがないと務まらないくらいの思い入れだと、貝殻亭リゾートの他スタッフの方が感嘆するほど。
そんなパティシエの方から、クリスマスケーキについてのお話を伺いました。

『今年のご注目していただきたい点は生クリームですね!去年まで使用していた北海道産のものから、九州産のものに変更したんです。生クリームの色は、緑色の牧草を食べている北海道産は黄色みがかっていて、内地(本州)のもののほうが白いというのをご存知ですか?乳製品といえば北海道!というイメージが強いですが、実は他地域の乳業メーカーも負けないくらい頑張っていて、コクも十分な美味しい品はたくさんあるんですよ。けれども北海道の酪農にしか助成金が出ないこともあってどうしても割高になってしまい、扱う店舗が少ないというのが現状です。ソレイユでも比較的安く手に入る北海道産を使用していましたが、全国8種類のサンプルを食べ比べて「コク・後味・スッキリ感」などバランスが一番良かった九州産の生クリームを、今年4月から全ケーキに使うように変えたんです。』

211208-12.gurume.jpg

仕入れ元と折り合いとつけて、生クリームを変えてもお値段はそのまま維持されているそう。この生クリームを用いた初めてのクリスマスケーキが、今年の4品ということなんです。

生クリームのほかにも、今回のクリスマスケーキのポイントがいくつか。ガトーフレーズに使うイチゴを、(入荷状況にもよるので全部ではないそうですが)米本などの農家から入荷した八千代産のものを用意したり、持ち帰るときの箱も変更したんですって。
『去年までは真っ白なただの箱だったんですが、やっぱりクリスマスの雰囲気を演出するには、外箱も大切かと思いまして。』

211208-13.gurume.jpg

さて、ガトーフレーズ以外のケーキもご紹介。
カカオ66%のショコラを贅沢に使用したショコラケーキ「スペシャル・ノエル・ショコラ2009 」に、2パターンの味が用意されたブッシュ・ド・ノエル風ケーキ「ブッシュ・ド・ソレイユ」と「ブッシュ・ド・ショコラ・キャラメル」の計3種類が用意されています。
どれも1サイズのみで、限定数があるため店頭予約のみだとか。(ガトーフレーズは電話注文も可能で、クリスマス当日なども余裕を持って作って店頭に並べてあるため、予約しなくても手に入る可能性も。)

スペシャル・ノエル・ショコラ2009 ※限定30台
5号(15cm)4,800円
211208-1.gurume.jpg
↑ カカオ66%のショコラを使用したリッチな味わいのショコラムース。中にはグリオットチェリーのムースとピスタチオクリームを忍ばせて。

ブッシュ・ド・ソレイユ ※限定50台
4号(12cm)3,200円
211208-3.gurume.jpg
↑ マンゴー&パッションフルーツのムースとパッションフルーツのジュレを、ホワイトチョコのムースで包み込んだケーキ。ココナッツ味のダコワーズが余韻を残し、南仏の太陽をイメージさせるケーキです。

ブッシュ・ド・ショコラ・キャラメル ※限定50台
4号(12cm)3,200円
211208-2.gurume.jpg
↑ キャラメル味のショコラムースは、シナモンの香りがアクセント。下の層には濃厚なビターショコラのムースと、サクサク感が美味しいフィヤンティーヌ。異なる2つのショコラの味と食感が楽しめる限定のクリスマスケーキです。

予約は12月14日(月)までで、引渡しは 12月19日(土)〜12月25日(金)だそう。限定数のあるケーキは前払いですが、23日・24日は店頭がかなり混むようなので、ガトーフレーズも前払いしておいたほうがスムーズに受け渡しが出来そうです。
⇒クリスマスケーキの詳細はこちら

211208-14.gurume.jpg

店頭のショーケースには、秋冬限定のケーキも並んでいたりでどれも美味しそう!誘惑に負けて、クリスマスケーキと同じだという「ガトーフレーズ」のカット売り(420円)と、なび息子へクリスマス限定「サンタプリン」(350円)を買って帰宅しました。

まずは、生クリームのショートケーキ「ガトーフレーズ」。
決め細やかなスポンジは、舌触りがしっとり。シロップでしっとりしているわけではないので、しっかりとケーキの食感は残されています。注目の生クリームは、多すぎず少なすぎず。均等な生クリームの厚みが、より断面の美しさを強調しています。ミルクの風味がよくよく伝わる素材が活かされた甘味、でも控えめすぎないケーキらしい甘さがあります。
間二層にスライスされた甘みのあるイチゴが敷き詰まっていて、ケーキ自体は小ぶりながらも一口がしっかり!生クリームのこっくり感が強めなのと、スポンジ、生クリームともに、滑らかだけど楽しめる余裕のある食感が残っていることもあって、この一切れで思いのほか満足感がありました。

211208-15.gurume.jpg

そしてこちらが、なび息子へのおみやげ「サンタプリン」。
お母さんにも一口ちょうだい!と、嫌がる彼からひとさじゲット。
やや厚めに敷き詰められた生クリーム層の下には、とろとろしすぎず食感の残ったカスタードプリン。そして、一番下からほろ苦いカラメルソースがじんわりにじんできます。
こちらもバランスが良くて美味しかった!

211208-16.gurume.jpg

2009年を締めくくる楽しいイベント「クリスマス」。
さて、今年の賑やかな食卓の中央にはどんなケーキを用意しましょうか?

●Le jardin du Soleil(ル・ジャルダン・デュ・ソレイユ) 047-484-1717
千葉県八千代市勝田台北2-4-2(地図)京成本線勝田台駅北口から徒歩5分、東葉高速線東葉勝田台駅T-1出口から徒歩4分
【営業時間】10:00〜19:00/1F Patisserie、11:00〜18:00/2F cafe(LO 17:30)
【定休日】火曜日
【ホームページ】http://www.gpi-group.co.jp/soleil/
〔関連レポート〕
2009年12月02日 地元八千代の頑張り企業!(株)GPIって?





posted by やちなび子 at 00:00 | 千葉 ☀ | Comment(0) |  > 洋菓子・和菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。