2009年09月21日

中国名菜 南苑(なんえん)

296沿いに勝田台駅へ向かっていると目に入る、ホテルドエル1階の中華料理店「中華名菜 南苑(なんえん)」。
何となく値段も高そうな感じがするし、普段使いなお店ではないのかなぁ?と思って入ったことはなかったんですが、とある休みの日に「ドエルの下の中華料理やさんって、500円ランチやってるんだけど行ってみる?」となび夫さんに誘われて、チャレンジすることになりました。

210922-3.gurume.jpg

ドエルの駐車場は台町公園の道路を挟んだ向かいにあるんですが、南苑で食事をする場合はここを使っても良いんだとか。結構台数もあるし、何よりパッと停めやすい!
296の信号を渡ってすぐ斜め左にお店の入口があるので、駐車場から歩いても距離は感じないし。何となく296沿いというだけで、駐車が面倒かな?と思っていたので、アクセスの良さを改めて実感です。

210922-4.gurume.jpg

目的の500円ランチなんですが、注文はランチタイムが始まる11:30から11:50までの20分間だけという時間限定メニューだそうで。念のため10分前には入口に到着いたしましたが・・・特に誰も待ってはおらず。

210922-6.gurume.jpg

ランチメニューのポスターが貼ってあったので、一応チェック。
500円ランチの正式名称は「熱烈歓迎ランチ」というらしく、調理長の日替わり料理(内容は毎回店頭の黒板に掲示されるそう)に、スープと香の物、ご飯と杏仁豆腐がセットになっているようです。

それに似たメニューで「日替わりランチ」800円というのがあって、これは(後で店内に置かれた紙で確認したのですが)“ランチカレンダー”にメインの料理メニューが毎日分ズラリと書かれていて、それプラス水餃子とスープ、香の物とご飯に杏仁豆腐というセットとのこと。

そのほか、限定10食の飲茶ランチ1,200円や季節のグルメランチ1,600円などなど、この値段にしては内容も充実していて一度チャレンジしてみたくなるようなラインナップが用意されていました。

210922-5.gurume.jpg

せっかくだから飲茶ランチもいいなぁ・・・なんて、500円ランチから心変わりしようか迷っている間に、いよいよ11:30到来。
さすがホテルに入っている中華料理店だけあって、“へい、いらっしゃい!”タイプの接客ではなく、きちんと出迎えて席を案内してくれました。
外からは全く中の様子が確認できなかった南苑でしたが、思いのほか店内は気軽に入れるような雰囲気です。4人掛けの四角いテーブルが7〜8卓、中央に4〜5卓ほど円形テーブルが配置されていて、左奥にはどうやらまだ席がありそう・・・?
パーテーションや柱で、店内は程よく仕切りがありますが、店内からは296の道路も見えるし圧迫感もなく、落ち着ける居心地の良い空間です。入口近くの4人掛けに座りましたが、こちらは禁煙席とのこと。
なび息子用に子供イスも用意してくれましたし、きちんと子供用の取り分け皿&スプーンフォークもささっと準備。壁には「お子様メニュー590円」のポスターもあって、ファミリーでも気兼ねなく利用できるお店のようでホッとしました。

さて、注文注文!
やっぱり折角この時間に来たので、なび夫さんと2人分の「熱烈歓迎ランチ(500円)」に決めました。あと、なび息子用にカニチャーハンやウインナーなどが盛られたお子様メニューのキッズプレートにしようか迷いましたが、だったら普通にチャーハンを注文して私たちも味見しよう!と、ランチ以外の通常メニューをチェック。

210922-2.gurume.jpg
↑ これはテーブル用に置かれた簡易メニュー。

メニュー表には中華料理店らしい単品料理が色々と並んでいましたが・・・あれ?予想以上にリーズナブルじゃない!チャーハンもカニや海老、五目など複数ありますが、どれも730円。ランチタイムだと、杏仁豆腐までついてくるらしい!
上海焼きそばやら海の幸焼きそばなども730円、坦々麺とか五目そばといった中華そば系も730円。“ふかひれ姿煮そば”など中には1,500円〜1,600円ほどするものもありましたが、全般的には単品で頼んでも全然良いくらい安かった!

チャーハン好きななび息子のために、今回は「蟹肉入りチャーハン(730円)」をチョイスです。

お料理を待っている間に「HAOカード」なるものを作ることにしました。これは、南苑での飲食代が毎回10%オフになるという入会費・年会費無料のカードだそう。熱烈歓迎ランチは残念ながら対象外ですが、チャーハンには適用されるので、注文時に入会の手続きをお願いしました。

210922-1.gurume.jpg

名前や住所など簡単な項目を申込書に書いて店員さんに渡すと、すぐにナンバー入りのカードをいただけました。これを会計時に提示すれば、今日からすぐに使えるそう!

こうしている間にも、続々とお客さんが入店してきました。若いファミリー層は見かけず、年配の女性同士だったり夫婦だったり。そのうち送迎バスで来店した団体のお客さんも登場。
南苑では3,000円以上の飲食をするお客さんを対象に、マイクロバスでの無料送迎をサービスしているそう!八千代市内なら10〜26名まで対応してくれるとか。その人数で利用できる個室もきちんと用意されているようで、到着した団体さんも店内を抜けてどちらかへ案内されていきました。

へー、今度親戚の忘年会とかで利用するのに丁度いいかも!宴会用のコース料理も1,800円〜5,000円で4種類くらいあったし、飲み放題も1,800円ちょっとで付けられるみたいですよ。

210922-7.gurume.jpg

幹事になったら南苑も考えてみよう!なーんて思いを巡らせているところで、まずはチャーハン登場。大きなお皿に結構なボリュームですし、スープと杏仁豆腐もついています。

210922-8.gurume.jpg

水分は少なめでハラハラっとした口当たり。多めに混ぜ込まれた細切りのレタスに、細かくバラけた蟹肉、そして卵というシンプルな具材です。塩味は程よく、油分少な目の食べ飽きないシンプル系。

なび息子のお椀によそうも、あっという間に完食!おかわりを催促され、2杯目・・・さらに3杯目!普段はそんなに食が進むほうではないなび息子なんですが、よっぽどこのカニチャーハンが口に合ったようで無言で頬張っておりました。
キッズプレートの分量じゃ、足りなかったね。よかった、よかった!

210922-9.gurume.jpg

私たちの熱烈歓迎ランチも、程なく運ばれてきました。
“調理長の日替わり料理”が書かれた黒板は、開店前だったのでまだお店の前に置かれていなかったためにメイン料理が何なのかチェックしてなかったんですが、今日は鶏肉と野菜が醤油味で炒められた一品のよう。

210922-10.gurume.jpg

先に食べ始めたなび夫さんが「ネギ旨い!」と騒いでます。
揚げた鶏肉に薄切りのたけのこ、太めでゴロっとカットされた長ネギに、薄く輪切りにされたきゅうり(ズッキーニ?)が醤油ベースでとろみのついた炒め物になっているそのメイン料理、確かに衝撃的!
最近あまり本格的な中華料理店に行く機会がなかったので、いかにも中華料理らしい上品な味付けが新鮮です。変に脂っこくないのに、コクが深くてスーッと舌を抜ける嫌味のないお味。
決して家では再現出来ない、外食ならではのプロの技!って・・・これが500円ランチで出てくる一品?そこらの定食500円とは、明らかにお得感が違います。

210922-11.gurume.jpg

香の物として添えられたザーサイも、柔らかくて臭みがないし。これだけ一皿食べたいくらいの質の良さです。
スープは見た目通りラーメンの醤油スープ系だけれど、やっぱり安っぽさはなくてちゃんとスープとして仕上げられています。

杏仁豆腐、これも濃厚で美味しかった!

210922-12.gurume.jpg

量は男性にはやや少なめに感じるかもしれませんが、私には十分満足するセット内容!これで500円は絶対お得だわ!!
なび夫さんも、残りのカニチャーハンをお腹に収めて満足したようで、早速また来たいと言うほどお気に入りの様子です。

会計時にはHAOカードで73円引きになり、家族3人で1,657円!

今まで避けてきたのが勿体無かったなぁ。
今度は単品料理にももう少しチャレンジしてみよう!

●中国名菜 南苑(なんえん) 047-486-8877
千葉県八千代市村上4473-5 ホテルドエル1階(地図
【営業時間】ランチタイム11:30〜14:30(LO)、ディナータイム17:00〜21:30(LO)
※平日ランチタイムのコース料理は前日までの予約制
【ホームページ】http://nan-en.com/


posted by やちなび子 at 00:00 | 千葉 ☁ | Comment(0) |  > 中華 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。